2013年03月17日

現代画報社 対談 関税撤廃は聖域ではないが

先日行われた日米首脳会談において、両首脳は、TPP交渉参加に際して全ての
関税撤廃の約束を求められないことを確認した共同声明を発表していま す。安
倍首相はこれを理由に「聖域なき関税撤廃が前提ではないことが明確になった」
と説明しています。TPPの基本原則は全品目の関税撤廃と言わ れています。
交渉が米国主導で進み、日本の要求が通らなくなる懸念が強く残ると感じます。
今後どのような議論が行われていくのか注目したいところ です。


posted by ねぇさん at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。